hitokadohノヒト

はり灸 一香堂のひとが書いてます

鍼の講習会で役行者に出会う

東京都はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧師会(都師会)主催の施術者講習会に参加してきました。

講師は、大浦慈観先生。
先生には鍼灸学校の2年の前期と3年の後期に教えていただきました。先生の資料は、内容が充実なのは勿論のこと、所々に直筆のイラストが入っていて、わかりやすいのです。卒業後も、臨床に役立つバイブルとして、読んでいます。

テーマは「腹診による毒と邪気の診察と、杉山真伝流の刺鍼法の臨床応用」でした。

その前に、熊野信仰と徐福伝説と鍼灸のつながり(正式なタイトルを忘れてしまいました)みたいな歴史のお話がありまして。

熊野信仰については、こちらのサイトがよくまとまっていてわかりやすいかと…
cultural-experience.blogspot.jp

そして、熊野には徐福伝説なるものがあり。
www.mikumano.net
ちなみに、徐福さんとはこういう方です。
徐福さんは「呪術師や祈祷師,薬剤師であり,占星術天文学にも秀でた学者」であったので、鍼灸の技術も伝えたのではないか?と推定されるそう。こちらのサイトによると、東洋医学史研究の宇田明男氏の説のようです。

宇田先生をググったら、電磁波の危険性を訴えているサイト(電磁波についての考え方は同意します)にたどり着き、東洋医学史のカケラも感じられなくて…同一人物だろうか?と疑念が湧いてきた所、このような本も書かれており、とても「読みたい!」衝動が。。

www1.bbiq.jp

この「実験的経絡論」も大好物すぎる内容です。

・・・話が逸れてます。

先述の「熊野信仰」は修験道と深いつながりがあります。

cultural-experience.blogspot.jp

そして修験道と言えば、役行者ですよ(ふ〜、やっと来た!本題)

はい、私、8月に蛇の倉で行者体験してきました。

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp

大浦先生のスライドに「役行者」という言葉が出てきたときは、テンション上がる上がる⤴️⤴️(笑)

まさか、鍼の講習会で、役行者様の名前を聞くとは思ってもいませんでした!(とはい言うものの、役行者のこと語れるほど詳しく知らないですけど)

蛇の倉もあまり深く考えずに行ったのだけど、鍼の神様のお計らいもあったのでしょうかね〜。

鍼の技とは全然関係ない話で、すみません(・・;
こちらは、これからの治療に活かします!!
f:id:hitokadoh:20171120224903j:plain

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージ、LINE (id: hitokadoh894)でご連絡ください。***
f:id:hitokadoh:20171028123630p:plain