hitokadohノヒト

はり灸 一香堂のひとが書いてます

竹の輪灸が氣持ちいい

秋も深まり、だんだん涼しく…というより、寒くなってまいりました!

そりゃ当然です。もう10月ですもんね。今年も残り3ヶ月…

来年の事を言えば鬼が笑う、とは申しますが、来年は平成最後の年ですよね〜。

KDDI au CM 三太郎 桃太郎 「来年の話」篇
※内容とは関係ありません。

来年で鬼が笑うCM(ちょっと古いか)はさておき…
お灸が氣持ちいい季節になってまいりました。

もちろん、お灸は一年中活躍いたしますが、お灸の良さをより一層体感いただける季節到来です。

なんと言っても、おすすめは竹の輪灸です。

竹の輪灸とは、温灸の一種で、名前が表すとおり竹筒を使います。

竹筒にもぐさを適度に詰め込み火をつけ、竹筒が適度に温まったら、患部にコロコロ転がして使います。

竹筒の形状のおかげで、広範囲の冷えや滞り、大小の関節にも対応できます。

温かさと圧刺激、両方で同時に施術できるのが魅力です。

背中や、太腿・ふくらはぎなどコロコロすると、とても氣持ちがいいですよ。

ただし、結構、煙は出ます。
呼吸器系の弱い方、髪などに匂いがつくのが氣になる方は、避けるか時間を短くするかですね。
竹の輪灸とはかなり違いますが、煙の出ない棒灸もありますので、それで広範囲を温めることは可能ですので、ご相談ください。

私の一番愛用の竹筒はこちらです。

f:id:hitokadoh:20171006154324p:plain

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***