hitokadohノヒト

はり灸 一香堂のひとが書いてます。

「鍼ってギックリ腰にも効くんですね」

先日、患者さんから「鍼ってギックリ腰にも効くんですね」と言われました。

このコメントに、私は軽い衝撃を受け、「え?ご存知なかった!?」と心の中で叫んでしまいました。

定期的に来ていた方でしたので、その辺りはすでにご承知かと、勝手に思っておりました。

よくよく思い返せば、確かに「鍼は今まで受けたことがない」とおっしゃっていました。だから、鍼についてご存知なかったのは当然です。

鍼灸界には「鍼灸師飽和説」がありますが、「飽和」には程遠い現実も感じます。

鍼灸は身近なものではなく、何かこう、とても「遠い」感じ?
いろいろ行ったけど、なんかいまいちで…しょうがないから(ちょっと言い過ぎ?w)鍼灸に来ましたっていうのが、一般的なんですかね〜。

私は、何かあったら「鍼行けば?」っていう家庭環境に育ったもので…よくわからないのですが・・・

さてさて、前述の患者さんのお話に戻って。

時々こういう状態はあったそうですが、今までは2、3日寝ていれば治っていた、とのこと。
今回は発症3日後に、こういう時用の行きつけのマッサージに行って(「通常は強めのマッサージが好きなのですが、ギックリ腰のときは軽い繊細なマッサージが良いので、そこに行きました」とのことでした)、その当日は楽になったのだけれど、その後良くならないので・・・と先週の土曜日にお電話をいただきました。

あいにくその週末は東京にいなかったので、すぐには対応できず。
歩けるということでしたので、月曜日に神楽坂出張所に来ていただくようお願いしました。

月曜の夜、その方は、そろそろ摺り足で腰を固まらせてご来堂。
治療着に着替えるのも大変そうなので、着衣のまま治療。

前傾するのが一番辛い、とのこと。目測で20°が限界という状態。

横になるのも大変そうだったので立ったまま治療しようかと思ったのですが、「横になれます」ということで、通常どおり横になった状態で進めました。

治療後、患者さんは、治療ベッドからすっと起き上がって、腰をブンブン動かしながら「全然痛くないですよ〜!」と言って、走って帰られました。。。というのはです。
私の幻想です(笑)名人の先生方でしたら、幻想ではなく本当にそうなりますが…

現実は、冷たかった足・ふくらはぎは温かくなり、背中の張りは緩み、45°くらい(あくまで目測です)まで前傾できるようになりました。

患者さんの体感は、まだ痛みはあるが、来た時より痛みの程度は軽減した、楽になった、という具合でした。

そして、2日前の木曜、2回目の治療でした。
部屋に近づいてくる足音がいつもの音に戻っており、ホッとしました。

治療前のチェックでは、前傾角度は前回の治療後と同程度、45°くらい(しつこいですが目測です)。前傾する動き方は、月曜の「おそるおそる」から速くなりました。左右の捻りはスムーズになり可動域も改善。

そして、何より、患者さんが感じている「良くなっている」感

この日は難なく治療着に着替えられました。
着替える前に私が「今日は着替えられますか?」と何度か聞いたため、「そうか、月曜は着替えられなかった。できるようになると、すぐ忘れるんですね」と自ら氣がつかれました。

治療の最中、自ら何が原因だったかを色々考えられ、「原因は一つではないですが、おそらく・・」と言って、仕事で使用されている椅子のことを話されました。
高さを変える機能が壊れて、ここ1ヶ月くらい、ちょうどいい高さより5cm位低い高さで使っていた。初めは使いづらく違和感を感じていたけれど、最近はそれに慣れてきていた。その矢先に、ギックリ腰になった、とのこと。

不思議なもんで、一香堂に来てくださる患者さん、結構自立度高いのですよね〜。
まず「自分ではこう思っているんだけど・・」と自らの考えを述べた後、「先生どう思われます?」的なスタンスの方、多いのです。私から「依存するな」オーラがだだ漏れているのでしょうか (^^;

「自らのからだの主人は自らである」ので、こういう心持ち、大事です。

治療を通して、こういうコミュニケーションを通して、お互いの世界が広がっていろいろな発見があると楽しいですよね。

っと・・・話が飛びました。

木曜の治療後に、最初に書いた「鍼ってギックリ腰にも効くんですね」発言を聞き。
驚きの衝撃を受けつつ「そ、そうですよ」と答える私。
「もっと早く連絡すればよかった」と言われ、若干安堵を感じる私。

その方曰く、ギックリ腰になったとき鍼灸と結びつかなかった、そうです。
おそらく、過去の経験から「こういう症状のときは〇〇して、△△に行って・・・」という一連のプロセスを既にお持ちだったから、新参の鍼灸は浮かばなかったのでしょう。

また、鍼灸は、自分で考えている「治る」過程とは全然違うプロセスで良くなっている、ともおっしゃっていました。

何が言いたいかというと、皆さん、ギックリ腰になったら鍼灸受けてね!ってことです。
整形外科、整体、マッサージ等々もちろんいいですが、鍼灸もいいですよ〜!!

と最後は宣伝に終わる…

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***