hitokadohノヒト

はり灸 一香堂のひとが書いてます。

「薬ってすげ〜!」な体験

今回も「薬」ネタです。「薬ってすげ〜!」という話。

まだうら若き(死語?)19歳のころ。

短大のときESS (English Speaking Society)に所属していて、そのイベント、ディスカッションが1月にあり、その準備のため連日夜遅くまで部室に詰めていました。

確かテーマは「原子力に賛成?反対?」だったかな。
そこには「賛成」の人がいなくて、「もし他校にも「賛成」意見がなかったら、議論にならないから、一応賛成側の意見も作ろう」…みたいな話になって(なんて真面目な私たち!涙)。
そのとき何を調べたかは記憶にありませんが、調べてシェアして議論してまとめて…の作業が延々と続き。。。
覚えているのは、「疲れた〜⤵︎ 脳みそ泡立ってる〜 (> <)」ということだけ(笑)

さすがに、年末とお正月は休んだけど。

休み中熱っぽくて、「頭使いすぎて、知恵熱かな〜」なんて思っていたら、だんだんと片方の眉頭がなんとなく腫れてきて痛みが出てきました。

そしたらある朝、見事に「お岩さん」になっていました。

こんな感じ…

f:id:hitokadoh:20170505112001j:plain

!!じゃないですよ!!
赤くただれてないし、もっと腫れはちっさいです!!

画像を入れてはみたが、見ていたらこわくなってきたので、サイズ縮小(笑)そのうち、消すかも…

お岩さん初日は正月休診日だったので、翌日、(何科に行ったらわからなかったので)市立病院へ行きました。

初めに内科を受診して「これは皮膚科ですね」とのこと。

向かった皮膚科で「ヘルペスですね」と診断。「目に入っている可能性もあるので、眼科でも診察受けてきてください」と言われ、眼科へ。

幸い目には異常がなく、皮膚科での治療だけで済みました。

皮膚科で処方された薬は、副腎皮質ホルモン剤(昔のことなので投薬名はわかりません)。

3日くらいで、きれ〜に治りました。

しかも、治ったのは、ヘルペスだけじゃなかった!
ニキビもきれいになくなっていたのでした。

ニキビいっぱいの顔は、その当時の私の、最大の悩みでした。私のニキビは細かいのがいっぱいできるタイプ、特に額がひどかった。しかも赤ら顔。熱が溜まった炎症状態ですよね。
顔に触れると感じるニキビのザラザラ感、めっちゃストレスでした。。
「ニキビに効くよ」と聞いたものは全部試したけど、あまり効果がありませんでした。

それがですよ!
薬を飲み始めたら、ブツブツのニキビが消えていき、すべすべお肌になったのでした。

「すごい!何だこれ!!魔法の薬だ!!」

その時の衝撃!感動!感激!たるや、まじ震えました(笑)

しかし、ヘルペスが治ったので当然薬は出されなくなり、そして、私のニキビはまた徐々に戻ってきました。

当時「薬」が何たるか?など全然知りませんでしたし、「副作用」なんて言葉は私の中にありませんでした。
私は安易に「また、あの薬をもらえばいいや」と考え、また病院に行ったのでした。

先生に「あの薬でニキビが治ったので、またください」と言ったところ、その先生は「ニキビなんかのために出すような薬じゃないんだ!!」烈火のごとく怒り出したのでした。
いきなり怒られ怖くなった私は「す、すみませんでした!」と謝り、そそくさと診察室を出ていきました。

そのときの先生の怖さは「薬の怖さ」に繋がって、「とんでもないことをお願いしちゃったんだ〜」と氣付いたのでした。

数年後の薬害エイズ訴訟ニュースから、「薬害」という言葉を知るようになりました。

そして、「どうしてあのとき先生があんなに怒ったのか」理解できました。

ちゃんと叱ってくれる先生でよかった、と思っています。

 

ちなみに「ニキビ」、鍼も効くそうです。

私はまだ治療経験ありませんが、ある先生からそういうお話を聞きました。

確かに、氣血津が滞りなく巡れば、ニキビという現象も改善して行くかと。。

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***