読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadohノヒト

はり灸 一香堂のひとが書いてます。

ひとくちに「健康」といいますが

何をもってして「健康」というかは、人それぞれです。

病気じゃないこと?……かと言って、病気じゃない人がみんな健康に見えるか?というと、そうも言い切れません。

五体満足のこと?……じゃあ、例えば、手がない人が不健康か?というと、そんなことは全然ありません。

 

ある意味、不調・病気というのも、健康である証拠。

よく言われていることですが、不調・病気はからだや心からのサインです。

このままの状態で変らないと、「いのちが消えますよ」「休んでくださいね」「からだのことを考えてくださいね」というメッセージです。

からだは賢いもので、生命維持に遠い機能から切っていきます。

例えば、首やら頭やらガチガチで、これ以上硬直状態が続くと、頭の血管がダメになってしまう、そうしたら、脳機能が危ない!!

頭の血管がブチっとなる前に、肩が痛くなったりぎっくり腰になったりします(注:肩が痛い人、ぎっくり腰の人すべてが、頭の血管が切れそうだったという訳ではありません)。

からだにとってみれば、肩や腰が痛くなるより、脳機能がダメになる方が重大問題です。

からだの生命維持機能が働いている結果、からだは不調・病気という形で、サインをくれているわけですね。

そのサインを無きものとして見逃していると、その声はどんどん大きくなります。

 

声にいつ氣がついて、いつ対処するのか?いつがいいのか?

それを決めるのは、あなたのいのちの感受性や耐久性、柔軟性などです。

 

今まで「これは氣のせい」と思って無視してきたこと、少し氣にしてみてもいいかもしれません。少しゆったり感じてみてもいいかもしれません。

 

そんなことする時間がない?

わかります、わかります、お忙しいのですよね? でも、そんな何十分も必要ありません。

 

自分の呼吸、10回感じてみてください。

あなたはどんな風に息していますか?

空気吸うのが大変?吐くのが大変? 胸は息で動いている?おなかは? 気管に入っていく空気を感じる?

 

首をゆっくり回してみてください。左と右、ゆぅっくりと〜。

あなたの首はどんな風に動いていますか?頭の重さ、感じますか?

首がくるりと回るのを感じる? どこかでつっかかる? 頭って結構重いよね? 首がのびて心地いいところとか、ある?

 

呼吸が浅いからといって、

首回したらボキボキ鳴ったからといって、

「ダメだわ」とか「直さなきゃ!」とか思わなくても全然いいです。

「今の自分、こんなんなんだ〜」とまず受け止めてみましょう。

 

すぐ「直そう」と思う前に、今のからだをただ感じるだけ。

不思議なもので、ただ感じるだけ、今の状態を受け止めてあげるだけで、

からだは、なんだか「ほ〜」っとします。

 

あなたと一緒に生きている「からだ」のこと、

忘れていませんでしたか?

ただ毎日生きているために、「からだ」が何をしてくれているか、

忘れていませんでしたか?

 

まず、「からだ」のことを思い出して、

一緒にいることに氣がついてみましょう。

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***