hitokadohノヒト

はり灸 一香堂のひとが書いてます。

私の原風景

個人的なブログは細々と書き続けていますが、鍼灸師としてのホームページを開設したのでブログも新しく始めてみました。

現在、出張所という形式でやっています。

神楽坂と西荻窪の2カ所で、いずれも昭和の古民家の建物です。

古い建物が今も大切に使われている、というのはいいですね。持ち主の愛を感じます。

古いが故に今ではなかなか手に入らないりっぱな木材で作られていて、建物も生きていて呼吸しているのを感じます。

 

そして、古民家で治療するっていう行為が、私の鍼の原風景とつながっていることに氣がつきました。

私の中の、最初の鍼の記憶は、祖母についていった鍼の先生のお宅です。今から40年以上も前です。

先生は、ご自宅の2階の一部屋で鍼をされていました。玄関を入ってすぐに階段があり、その階段を上がっていって左手に、その部屋はありました。

神楽坂の場所も西荻の場所も、部屋は2階です。別の建物なのですが、その階段を上がっていく感じは、幼い私が祖母と一緒に上がっていった階段を、なぜか思い出させるのでした。

意図していたわけでもないのですが、そういう場所とご縁があったのも、その原風景が無意識に残っていたせいでしょうか。。。

 

ホームページはこちらです。

www.hitokadoh894.com

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***