hitokadohノヒト

はり灸 一香堂@神楽坂・西荻窪

hitokadohノヒト

鍼灸でいのち磨きのお手伝いしています@神楽坂・西荻

色は周波数

前々回に引き続き、五行ネタです。 五色というのがあります。 木火土金水の五行に対応した色です。〜青、赤、黄、白、黒〜 そして、五色も以下のように五臓と関連付けられています。 この五色、薬膳で食材を選ぶときにも使われます。 例えば、肝を養いたいと…

3年めに突入!神楽坂サンクチュアリ

おいでいただいた皆さま、ありがとうございました!! いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。 *** ご予約・お問い合わせは、HP、Facebookメッセージ、Twitterメッセージでご連絡ください。***

内臓からのメッセージ

前回、五行色体表のことに触れましたが、今回も関連ネタです。 五臓(肝、心、脾、肺、腎)というのがあります。 文字通り、内臓のことなんですが、肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓と全く同じ、ではありません。少しかぶっている部分もありますが、そのものでは…

色黒の赤ん坊

東洋医学では「色」も大切な情報です。 顔色であったり、舌の色であったり、爪の色であったり、肌の色であったり。 五行の中に五色(青、赤、黄、白、黒)というのがあります。 この五色、五臓にも関連付けられています。 青ー肝、赤ー心、黄ー脾、白ー肺、…

冬の守護神、板藍根

この冬、こちらに助けられています。 板藍根、です。 生薬の薬効は、清熱、涼血、解毒です。 風邪、インフルエンザが流行るこの季節、助けになっています。 2002年〜2003年のSARS流行の際、一躍有名になりました。当時、中国ではこの生薬が買い占められ、市…

祈りつつ

「居場所がないんです」 と言った目の前のヒトは、自分のからだにいるのも心地悪そうだった。 なぜ、そのようなコトが起きているのかは、火を見るよりも明らかでしたが。 原因がソレ、とわかっても、すぐに解消する、とは限らず。 ま、でも、なんとか、せめ…

「美意識」を鍛える

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書) 作者: 山口周 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2017/07/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (6件) を見る 本書は「ビジネス書」の類なのでしょうが…

お灸は日本文化

『お灸ばなしあれこれ』読みました。 お灸ばなしあれこれ (日本文化史探訪) 作者: 福西佐元 出版社/メーカー: 冬青社 発売日: 2000/09 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (2件) を見る 著者は、狭山養生鍼灸院院長の福西佐元先生。八分灸…

自分の殻が割れる音

いろんな患者さんに出会えば出会うほど、 基準って何だろ? 平均って何だろ? 普通って何だろ? って思います。 思えば思うほど、それらはモヤっとして実体のないものになり、吹けばとたんに消えてしまう。 例えば、 家族と住んでいてお母さんが作ってくれる…

祝2周年!神楽坂サンクチュアリ「間」Persimmon

はり灸 一香堂が利用させてもらっている神楽坂のお部屋、神楽坂サンクチュアリ*「間」Persimmonが2周年を迎えます!! 2周年記念イベントを2月11日㊗️に開催します。 www.facebook.com 実はあのお部屋、いろいろなコトが催されています。記念イベントでは、…

「インテリジェンスの発露」と鍼の関係

あるはてなブログを読んでいて、記事内のリンク〜リンクを渡り読みしていたら、こちらの記事に辿りつきました。 blog.tinect.jp この中で述べられている「インテリジェンスの発露」は、お勉強に限らず、全てのコトガラにおいて重要なんではないか。 「全ての…

日常に東洋医学を!

今日は朝からテレビ見ました。 “東洋医学”で1年を元気に!|NHKあさイチ 鍼とお灸、漢方、ちょっと薬膳的なことも、紹介されていました。 「鍼ってこわい」って思われている方、まだまだ結構いらっしゃいます。 「鍼はしないでください」というリクエストで…

今年もおつかれさまでした

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。 *** ご予約・お問い合わせは、HP、Facebookメッセージ、Twitterメッセージでご連絡ください。***

「頑張りは滞りを生む」と学んだ12月

2018年が暮れようとしています。冬らしいキリリとした空氣になりました。 暖かい冬、というのは、からだはちょっとホッとするのですが、ちょっと氣味悪さを感じます。 ようやく冬らしくなったことは喜ばしくもありますが、やっぱり寒いのは身に沁みてこたえ…

12月タオパッチ体験会、初めて「会」になりました

12月20日のタオパッチ体験会、初めて「会」になりました。 これまでは「会」と言いつつも、個人相談(要するに参加者1名)でした。 ・・・が!今回は当日朝にお電話をいただき、急遽2名となりました! 個人相談は、それはそれで良さがありますが… 複数の参加…

冬限定メニュー、始めました

お知らせです。 冬限定メニュー、全身アロマトリートメントを始めました。 寒さでからだがこわばる、縮こまるこの時期、あなたオリジナルのアロマブレンドオイルで全身リラックスしてください! 肌の乾燥が氣になるこの季節にも、アロマトリートメントはぴっ…

鍼を通して「ひと」と出会う

約一ヶ月前に書いた、注射嫌いだという初鍼の患者さん(仮名 Aさん)。 hitokadoh.hatenablog.com 鍼を氣に入ってくださり、11月は「はり灸基本+美容鍼灸」の30日間集中コースを受けてくださいました。 なぜ集中コースを受けようと思ったかというと、初鍼を…

大阪で鍼受けてきました

11月半ばに京都に行く予定があったので、「この機会に!」と大阪まで足を伸ばし、動画受講している『鍼道 一の会』の先生の鍼治療を受けてきました。 『一の会』の講座は、普通の勉強会とはちょっと(いや、かなり?)違います(私の知る限り)。 通常、鍼の…

目疲れのときのセルフケア

目が疲れやすい方のセルフケアについて書く、と言っておきながら、10日以上過ぎてしまいました(汗) hitokadoh.hatenablog.com はい!ようやく書きます。 今はパソコンやらスマホやらで、長時間、近いところを凝視することで、目を酷使しています。 目を動…

三木成夫に感染中

最近、解剖学者の三木成夫の世界に感染中。 三木成夫氏については、こちらのサイトをご参照ください。 [特集] 自然・生命・人体の記憶 ― 三木成夫の生命形態学 -- 後藤 仁敏 -- 季刊 環境情報誌 ネイチャーインタフェイス 最初に読んだのは『内臓とこころ』…

ハタチの初鍼

目疲れのセルフ・ケアについて書く予定でしたが。 一昨日嬉しいことがあったので、そちらに変更! ハタチのお誕生日に、はり灸 一香堂に人生初の鍼を受けにおいでいただき、ありがとうございました。 「鍼が初めて」の方は、少し違った緊張感があります。 人…

「目が疲れてつらいんです」

最近、眼精疲労の患者さんが続きました。 肩こり、首こりをお持ちの方は概ね、眼精疲労もありますが、最初に「目が疲れて…」と訴える方が続いた、ということです。 今の時代、目には過酷な環境です。情報インプットの多くは視覚に頼っています。 電車に乗っ…

月の炙り出し

25日(木)は満月でしたね。 満月、でなくても、月明かりの中を歩いていると、いろいろな思いがふわっと浮かんでは消えていきます。 月の光の、炙り出し絵のように。 前回ブログの友達の初鍼話に引き続き、今回も初鍼にまつわる話でした。 hitokadoh.hatenab…

友人が初めての鍼に来た

先日、友人が初めての鍼に来てくれました。 FBにも投稿してくれました!!写真がいい感じ 友人はラーメン屋。 実はまだ食べていないんよ…(行ったときが臨時休業) 次は確認してから行きます! 川崎の産業道路沿い、京急大師線の「産業道路」駅から歩いて7分…

新サイト、リリース!!

新ウェブサイト、先ほどリリースしました!! 先月からちょこちょこ作っていた新サイトが、ようやく陽の目を見ることができました!! カラーをガラッと変えて、書いてある内容は・・・あんまり変わっていません。 「はり灸 一香堂」のフォントを変えて、ル…

新パンフレット、できました

去年作成したパンフレットがなくなったので、新しく作り直しました。 今回は三つ折りです!! 以前は、一香堂の下にローマ字で「hitokadoh」と入れていたのですが、ひらがなに変えました。 「はり灸 一香堂」のフォントも変えました。 合わせて、ウェブサイ…

鍼灸の広告について

今、一香堂のウェブサイトのデザインを更新しようとしていて、隙あらばwixと格闘中です。 ”格闘”と書きましたが、いや、闘ってはいないです… コンテンツは今とほぼ同じなので、新しく文章を作成する必要もなく。 ベースの色を変えたので、印象はだいぶ変わる…

人それぞれだけど、根っこは一つ

先日配信された、日本エドガー・ケイシー・センターのメルマガ「体感と内なるドクターの重要性」をシェアいたします。 グラディス・マクギャレイ博士の言葉、インスパイアされます。 医者には症状を取り除く、抑える、緩和するといった治療は出来ても、真の…

豆腐パックで鎮静・美白

愛読しているムラキテルミさんのブログで、豆腐パスターのことを読み、 ameblo.jp 2002年に購入して以来たびたびお世話になっている 『からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て』 を、久しぶりに開きました。私の持っているのは古い方で、2008年新訂版⬇️が…

鍼灸師主人公の小説『鍼師おしゃあ』

鍼灸師が主人公の小説を読みました。 笹色の紅―幕末おんな鍼師恋がたり 作者: 河治和香 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2006/03 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (4件) を見る 私が読んだのは「笹色の紅」の方ですが、文庫…