hitokadohノヒト

はり灸 一香堂のひとが書いてます

自分の「オーダーメイド」作りましょう

先日の「親子スキンタッチ教室」でのこと。 東洋医学のことをごくごく簡単に触れたのですが、そのときに「東洋医学って万人向けではないですよね?」というコメント。 いやいや、どっちかというと、(現代西洋医学に比べて)東洋医学の方が万人向けでしょ? …

たばこについて

先日患者さんとのお話のなかで、たばこの話題が出ました。喫煙者はご本人ではなく、ご主人でした。「加熱式たばこ」の存在も初めて知りました(!)そういえば、どこかでポスターを見たような記憶があるようなないような…身近に喫煙者がいないし、最近飲みに…

根っこからのメッセージ

先週、NVC(Nonviolent communication=非暴力コミュニケーション) という手法による共感的コミュニケーションの入門的講座に参加しました。 マイクロソフト社CEOのサティア・ナデラ氏が幹部社員にNVC の本を勧めたことで、ビジネスの世界でも注目を集めて…

世界が違えば

先日、こんなことをFBに投稿しました。 それに対して「潜在意識に語りかける・・・難しいけど、それだと思います」とコメントくださった方がいらっしゃいました。 そう!潜在意識大事ですね、源なので。 「意識」と言ってまず浮かぶのは「顕在」意識の方だと…

面白いよ、東洋医学

今年度は、東洋医学(中医学)を再勉強しています。 今までは、学校で勉強した国試対策的な東洋医学と『基礎中医学』を細々と読み進める程度。 出会った先生方にアンチ(現代)中医学がたまたま多かったので、中医学は何か本を読めばいいだろう、ぐらいに思…

外圧で「経絡」の存在に打ちのめされている今日この頃

不思議なもんで、イタリア生まれのタオパッチ®️に出会ってから、経絡の存在をよりリアルに感じます。 「経絡はあるか?」「経絡の存在は証明できるか?」 そのような議論がまだ巷にはあるようですが、その件は科学的に証明したいと思っている方々にお任せし…

イタリア生まれのタオパッチ®️

corso.taopatch.com 京都で開催された、タオパッチ®️アプリケーター養成セミナーに参加してきました。 タオパッチって何?ってことですが、イタリアでは医療機器特許取得の量子デバイスです。日本では、指圧代用器として販売されています。 最先端量子デバイ…

「疲れ」を感じることは健康です

先日の初診の患者さんからいただいたメールです。ご本人のご了解を得て、引用いたします。 先日は大変お世話になりました。鍼灸はとても久しぶりで、日々の家事や仕事に追われ自分のための時間を作る心の余裕があまりなかったことに自分でも改めて気づきまし…

睡眠とお灸は偉大だ〜

昨日、東京近辺は晴れて結構暖かでしたよね。 久しぶりの晴れ☀️だったせいか、うっかり薄着で出かけてしまいました。 外を歩いていたときは、上着要らないくらい、全くもって大丈夫だったのですが… 電車に冷房入ってました。40分弱の乗車で、ちょっと冷えた…

痛みのコントロール

先週おいでになった患者さん、今回の月経が痛みなく訪れたことを嬉しそうに話してくれました。 度々ブログにも登場してくれているYさんです。 hitokadoh.hatenablog.com ロキソニンゼロではありませんが、 今の状態でしたら許容範囲内です。 そりゃ薬を飲ま…

ゼロになるからだ

昨日参加しました「村上光照老師との一期一会の会」。別ブログにも書きましたので、ご覧ください。 komamedhia.hatenablog.com この会の締めくくりに、皆さんで歌ったのが『いつも何度でも』。ご存知『千と千尋の神隠し』の主題歌ですね。 木村弓 - いつも何…

嗅覚障害に鍼灸

昨日の鍼灸勉強会で、嗅覚および味覚(風味)障害の症例報告がありました。 馴染みがないので知りませんでしたが、近年、味覚障害患者数は増加しているそうです。 味覚障害治療は「亜鉛を十分にとる」のが基本となります。亜鉛が味蕾にある味細胞の再生を促…

実は芸術鑑賞してました

鍼灸やっていると、患者さんのからだが輝いてくる瞬間があります。 「輝く」というのはあくまで私の言い方ですが、いわゆる「くすみがなくなる」とか「肌の色が白くなる」とか「てり艶が出てくる」とかいうことですね。 治療家、施術家の皆さんはそういう場…

排毒に絶好の季節

氣のせいかもしれませんが… hitokadoh.hatenablog.com これを書いたあと、鍼終わって着替えた後「すみません、ちょっとトイレ!」と小走りにトイレに向かう方、終盤に「ちょっとトイレ行きたいので、もういいですか?」と聞かれることが多くなったような・・…

水の話と再現性

水に波動とか情報が転写される、という話はよく聞きますが、こちらの動画を見ると、どうして水にそういう特性があるのか、がわかります。 ミネラルと水2川田薫博士 コップいっぱいに満たされた水、でも、水の分子と分子の間には隙間があります。その水の分子…

お知らせ 〜 リピーター価格と集中コースの変更 〜

昨日のブログ最後にお知らせいたしましたとおり、3月7日(水)よりリピーター価格と30日間集中コースを変更いたします。変更点は以下のとおりです。 リポーター価格は、前回から21日以内に施術を受ける場合のみに一本化いたしました。 前回と違うコースでも適…

新コースのお知らせ 〜ネパール棒灸で温活を〜

2月に入ってから、「温熱」とか「体を温めれば〇〇が治る」とかいう言葉がやたらに目に入ってきました。 ま〜、今冬なのでね、寒い季節なのでね、そういう言葉は飛び交りまくっていますので、そのせいもあるでしょう。 そんなとき思い出す「ネパール棒灸」。…

お腹が鳴ってもおならが出ても大丈夫

私事ですが、ここ一週間ほど、胃の膨満感に悩まされておりました。 こんなときは、王道の足三里やら腹部に鍼やお灸をすると、スッキリ爽快となり事無きを得ていました。 今回もそんな調子でやっていたのですが、昨日はどうにも効かず苦しい状態でした。 夜に…

㊗️1歳 神楽坂サンクチュアリ*「間」Persimmon

はり灸 一香堂がお借りしている神楽坂サンクチュアリ*「間」Persimmonの一周年記念イベントは、昨日無事完了。 「毎度!」の方、「お久しぶり」の方、「初めまして」の方、皆々様一緒に一周年をお祝いしていただき、ありがとうございました。 おそらく…いや…

鍼灸で性格は直りますか?

先日「鍼灸で性格とかは直るのでしょうか?」というお問い合わせがありました。 性格を直すために鍼灸??? 東洋医学は古くから、精神的要因も発病因子の一つとして考えられています。七情(怒・喜・憂・思・悲・憂・恐・驚)と呼ばれ、特に臓器(五臓)と…

広辞苑に載っていた鍼つながりの言葉たち

広辞苑を見たら、思いのほか鍼に関係する言葉がいろいろ載っていて、しばし楽しみました。 経絡:①漢方医学で気血が人体をめぐり流れる経路。手足より発するものおのおの三陰三陽の十二経絡と腹背の正中線を走る二つの経路を合わせて十四経路といい、これに…

体質についてアレコレ

先日患者さんとお話ししていて、「体質」の話になりました。 「最近鍼受けたり岩盤浴に行ったりしている」とご友人に話したら、「『それじゃ体質が変わるんじゃない?』と言われたけどそんな実感がなくて…体質が変わっているのか全然わからない…」とおっしゃ…

はり灸の感想

(施術後のご感想)不定期に更新 詳細を知りたい方はJourney Onの良子さんのはり体験記。 美容鍼灸のご感想はこちら。 * 括弧内イタリック箇所はこちらで補足。 主訴:生理痛 39歳女性PMS、生理痛のため服用しているロキソニンの量が、鍼灸を始める前に比べ…

シンドいいのちは美しい

去年ブログに書かせていただいた、Yさん。 hitokadoh.hatenablog.com Yさんより「1月の定期検診でチョコレート嚢胞はもう大丈夫だって言われました。わからないくらい小さくなりました。」とのご報告がありました。 はり灸基本の集中コースを継続中、ただい…

「人体 神秘の巨大ネットワーク」で統合を感じた

別ブログで「人体 神秘のネットワーク」のことを書いたもので、こちらでは、東洋医学との関連性を混えたことを書きます。 まず第一集「”腎臓”が寿命を決める」、東洋医学の番組かと思うようなタイトルですよね? 東洋医学において、「腎」の主な機能は精を蔵…

「鍼師は早死する」と言われました

昨日、あるイベントで指圧を体験しました。 そういえば、指圧は初めてかも。指圧、といえば、あの浪越徳治郎先生に教わったという先生でした。 私はあん摩が苦手なので、内心ビクビクしていたのですが、氣持ちよかったです。 一番最後に指圧体験させていただ…

2018年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。毎日届くエドガー・ケイシーのリーディング。本日1月1日の言葉はこちらでした。 *******外見は色あせる。しかし、生命の美しさ、人間性の美しさは、自己のパーソナリティを通して輝き、色あせることのない美を与える。 …

毒素排出スープ作りました

京都で統合医療をご提供されている堀田忠弘先生の著書『体と心から毒を消す技術』に掲載されていた毒素排出スープを作りました。 体と心から毒を消す技術 (医師がすすめる一生健康でいるための秘策) 作者: 堀田忠弘 出版社/メーカー: マキノ出版 発売日: 201…

スキンタッチは忙しいママの味方です

先日、生活クラブ主催の親子スキンタッチ教室で講師をさせていただきました。 7組8名のお子さまが参加してくれました。しかも!0歳の赤ちゃんから9歳の小学生までという幅広い年代の子どもたち!! 個人宅でしたので、リラックスした雰囲気でのお教室でした…

どのようにして「一香堂」になったか

「はり灸 一香堂」の名前の由来、そういえば書いていない・・・ ということで、今回書きます。 当初は、違う名前を考えていました。 以前、「エデ」という名前で、アロマトリートメントをやっていたので、それをそのまま使おうかと。 「エデ」はカタカナなの…