hitokadohノヒト

はり灸 一香堂のひとが書いてます

㊗️1歳 神楽坂サンクチュアリ*「間」Persimmon

はり灸 一香堂が出張治療でお借りしている神楽坂サンクチュアリ*「間」Persimmonの一周年記念イベントが昨日無事完了。

「毎度!」の方、「お久しぶり」の方、「初めまして」の方、皆々様一緒に一周年をお祝いしていただき、ありがとうございました。

おそらく…いや、絶対!一番楽しんでいたのは開催者の私たちだ、と確信しております。

とっても楽しい1日になりました。とても濃ゆくて広やかで豊かな時間でした。

つい先日『インビジブル・インフルエンス 決断させる力』を読み始めたところ。決断したのは自分自身と思っているけれど、実は、周りから氣づかぬまま影響(“インビジブル・インフルエンス”)を受けている、という内容(1/5読了なので、詳細は語れません)。

昨日お越しいただいた皆さん、集った「間」である神楽坂サンクチュアリ*「間」Persimmon、そして一緒に開催させてもらった麻奈ちゃん良子ちゃん、から、多様で伸びやかで豊かな“インビジブル・インフルエンス”(わかっている場合は"ビジブル”なのか?)をもたらしてくれました。

それらは私の中に新しいケミストリーを起こしています。その新たなケミストリーは、また一香堂のさらなる精進の原動力となります。

昨日も含め今まで、私に出会ってくれた方々に、ありがとう。

 

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージ、LINE (id: hitokadoh894)でご連絡ください。***
f:id:hitokadoh:20171028123630p:plain

 

鍼灸で性格は直りますか?

先日「鍼灸で性格とかは直るのでしょうか?」というお問い合わせがありました。

性格を直すために鍼灸???

東洋医学は古くから、精神的要因も発病因子の一つとして考えられています。七情(怒・喜・憂・思・悲・憂・恐・驚)と呼ばれ、特に臓器(五臓)と関連づけられています。これらの精神状態が強過ぎたり長期間続いたりすると氣を乱し、病を引き起こします。現在でいうところの「ストレス」ですね。

ちなみに、七情と五臓の関連は以下のとおりです(基礎中医学)より引用)。

  • 怒は肝を傷る。
  • 喜は心を傷る。
  • 思は脾を傷る。
  • 悲・憂は肺を傷る。
  • 恐は腎を傷る。
  • 驚は心腎を傷る。

前述のお電話の方、よくよくお話を聞いてみると、ご相談内容は性格とは関係のないことで、しかもご自分のことではなく奥様のことでした。

鍼灸で氣血の巡りが改善され、ひいては精神が安定するということはありますが…「性格を直す」とは違いますからね。

「性格を直す」という表現にも正直違和感を感じます。百歩譲るとしても、直す対象が自分でなく他の人って、ね…自分にとって都合が悪いから直したいって聞こえます。
ま〜、私もそう思うときもあるので、言いたくなる氣持ちはわかりますが…

結局電話の主には、●お話を伺った限り、その状態は異常でもない、●鍼灸は精神状態に影響を与える可能性はあるけれど「性格を直す」という目的には適わない、●奥様に「直したい」という氣持ちがないのに無理強いするのは賛同できかねる、という趣旨をお伝えしました。

電話を切ってしばらくして、「あの電話は本当にご相談だったのか?」と思いました。そして、電話の主ご本人に鍼灸をおススメすればよかったかも…と氣がつきました。

人の価値観は本当に多様です。それに氣づくには、単純だけど「他者に出会う」こと。いろいろな人たちと出会って、その人たちの考えや思いを聞いて、自分の考えや思いなどもシェアして、自分の中にあるスペースを少しでも広げること。

お電話での会話が「氣づき」のきっかけになることをささやかに祈ります。

 

《お知らせ》
はり灸 一香堂が鍼灸出張治療をやらせてもらっている神楽坂の「間」Persimmonがオープンして一周年となりました。一周年記念イベント「感謝!1st Anniversary Day」を2月16日(金)に開催いたします。ぜひお立ち寄りください!
詳細はこちら➡️ 感謝!1st Anniversary Day@「間」Persimmon

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージ、LINE (id: hitokadoh894)でご連絡ください。***
f:id:hitokadoh:20171028123630p:plain

広辞苑に載っていた鍼つながりの言葉たち

広辞苑を見たら、思いのほか鍼に関係する言葉がいろいろ載っていて、しばし楽しみました。

経絡:①漢方医学で気血が人体をめぐり流れる経路。手足より発するものおのおの三陰三陽の十二経絡と腹背の正中線を走る二つの経路を合わせて十四経路といい、これに付属して361の経穴があって全身に分布。血管系・リンパ系・神経系とは別の特異な循環・反応体系とされる。

経穴:灸を点じ鍼を打つべき身体の箇所。全身に数百ヶ所あり、経絡の要所に当たり、病気の診断と治療の対象点とされる。つぼ。

驚いたのは「腎虚」が載っていたこと。

腎虚:漢方で、腎気(精力)欠乏に起因する病症の総称。俗に房事過度のためにおこる衰弱症を指す。陰虚。火動。

結構ちゃんとしてますね。って当たり前か。
試しに肝虚、脾虚、肺虚など探してみたら、さすがに載っていませんでした。腎虚という言葉、かなり知られているのでしょうか…

こんなのも載ってました。『霊枢』営衛生会篇第十八の一文が引用されてます。

三焦:六腑の一つ。上中下に分かれ、消化吸収および大小便の排泄をつかさどる。その実態は概念的なもので、無形有用(形がなく働きがある)ものとされ、「黄帝内経霊枢」に「上焦如霧、中焦如薀、下焦如漬」とあり、また上焦は胸中に、中焦は腹部で臍の上に、下焦は臍の下に位置するという。三膲。みのわた。

広辞苑掲載はどのように選定されるのですかね?

第六版から10年ぶりの改定、一大プロジェクトですね!www.itmedia.co.jp

そう、原発担当のお名前が掲載されていましたね。「初」だったんですね。これもご時世ですね…

 

《お知らせ》
はり灸 一香堂が鍼灸出張治療をやらせてもらっている神楽坂の「間」Persimmonがオープンして一周年となりました。一周年記念イベント「感謝!1st Anniversary Day」を2月16日(金)に開催いたします。ぜひお立ち寄りください!
詳細はこちら➡️ 感謝!1st Anniversary Day@「間」Persimmon

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージ、LINE (id: hitokadoh894)でご連絡ください。***
f:id:hitokadoh:20171028123630p:plain

体質についてアレコレ

先日患者さんとお話ししていて、「体質」の話になりました。

「最近鍼受けたり岩盤浴に行ったりしている」とご友人に話したら、「『それじゃ体質が変わるんじゃない?』と言われたけどそんな実感がなくて…体質が変わっているのか全然わからない…」とおっしゃる患者さん。

「変化ははっきりとわかることもあるけれど、小さなサインであることが多いですよ。例えば『そういえば最近・・・』とふと氣付く。『そういえば最近疲れづらい』とか『今までこの時期は〇〇だったのが、今年は違う』とか。持って生まれた体質はそんなに変わらないし。」と申し上げたら、

「体質って変わらないんですか?」と少々驚かれました。

今に始まったことではないですが、「体質改善」って言葉よく聞きますよね?
何氣なく使っていますが、改めて「体質とは何か?」ということを考えてみます。

「体質」と同じ言葉を使っていても、それが示す「広さ」や「深さ」は折々でかなり違っています。

広辞苑で「体質」を見ると、①からだの性質。からだのたち。②組織、団体などに深くしみこんでいる性質。とあります。今回の「体質」は①が意味するものですが、わかったようなわからないような意味ですね。

①の「からだのたち」の「たち」(「質」と表記されることありますね)ですが、同じく広辞苑を調べると人の性質。体質。生れつき。しょう。

さらに「しょう」の意味を調べると、①先天的な性質。うまれつき。性状。たち。②[仏]外的影響・関係の如何によらず常に同一である本質。③陰陽道で木・火・土・金・水の五行を人の生年月日などに配当し、その相生・相剋の理によって禍福・吉凶を定めるもの。と、かなりマニアックな意味も掲載されています。

…っと、とりとめなく続いてしまうので、ここまでにします。

結論としては、体質は先天的、いのちの本質を意味する方が妥当なようですが…表面的なもの(症状的、後天的)を意味することもできそう、ではあります。

となると、「体質は変わる」とも言えるし「体質は変わらない」とも言えます。結局どっちつかずの結論になって、更にモヤっとボヤっとしてしまいました。

自分はどう使っていたか?と思い返してみると、一定していなくてその時々の文脈で違っています。症状的意味だったり、「いのちの本質」的意味だったり。🤔鍼灸始めてからは、後者の割合が多いかも。今後は統一しますわ。

世間で「体質」と言われているものの多くは、症状的意味に読めます。その方がわかりやすいし、あと…商売になりやすい。「体質改善したら、痛みが消えた!」「体質改善で〇〇が治った!」なんか説得力がありますよね。なんか効きそうですよね。

「体質のせい」と言われていることの多くは、体質のせい❌ 生活習慣のせい⭕️です。

けど、「生活習慣を変えよう!」より「体質を変えよう!」と言われる方がなぜかモチベーションが上がる…のは私だけでしょうか?なんかインパクトでかい感じで、やっぱり効きそうな雰囲気が漂っているからかしら。だから、広告とか健康関連記事に使われやすい?

そもそも論ですが、果たして、あなたが「体質」と思っているのは本当に「あなたの体質」なのでしょうか?という疑問があります。今、どのくらいの人が自分の体質を100%フルでピュアで生きているか?と。

私が思うに、フルに「自分の体質」が表現できないから、具合悪いんじゃないか、と。自分の体質を生きてないから、うまく機能しないのではないか、と(先天的に脆弱な体質というのはありますが)。

自分の体質が様々な要因で阻害されていて、その要因は、無意識にせよ自分が作ったことが多いです。だからこそ自分で対処できるのです。

こういうことを聞くと、「どうせ悪いのは自分」と吹きあがるか⤴️自分を卑下しまくるか⤵️、拗ねた状態になることがあります。長年溜め込んだ感情を一掃するという意図の元に拗ね状態をキープするのもありですが…そこに止まっているより、じゃ「自分はどうしたいか」にフォーカスしてできることをやる、方を提案したいですね。

やることは簡単なことでいいんです。1個か2個で十分、意識をしてやること。

朝起きたら大欠伸して猫みたいにグーンと伸びをする、とか、階段を使う、とか、お風呂に入る、とか、鏡をみたら1日に一回以上自分にニッコリする、とか、1日に1個以上自分を褒めることを言う、とか、1日3回以上深呼吸をする、とか、毎日月を見る、とか、週に1日(が無理だったら1回の食事)を野菜メニューにする、とか、甘いものを食べるのは週1回(できな〜い!!)、とか、鍼灸も入れとくかw)お灸する、とか。

やらない日があったら、また始めればいい。

トドのつまり、自分のいのちが嬉しがることをしましょう!
「いのちが嬉しがる」って何?って方は「心地いいことしましょう!」
食べ物の場合は「自分の腸内細菌が美味しそうって思うものを食べましょう!」

ん?ますますわからない??

ではとりあえず、鍼灸でも受けてみてください(笑) 

注:ご承知と思いますが、ここでの『体質』は「いのちの本質」的意味です。

 

《お知らせ》
はり灸 一香堂が鍼灸出張治療をやらせてもらっている神楽坂の「間」Persimmonがオープンして一周年となりました。一周年記念イベント「感謝!1st Anniversary Day」を2月16日(金)に開催いたします。ぜひお立ち寄りください!
詳細はこちら➡️ 感謝!1st Anniversary Day@「間」Persimmon

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージ、LINE (id: hitokadoh894)でご連絡ください。***
f:id:hitokadoh:20171028123630p:plain

はり灸治療の感想

(治療後のご感想)不定期に更新  

詳細を知りたい方はJourney Onの良子さんのはり体験記
美容鍼灸のご感想はこちら

 * 括弧内イタリック箇所はこちらで補足。

主訴:生理痛 39歳女性
PMS、生理痛のため服用しているロキソニンの量が、鍼灸を始める前に比べて半分以下になった。(30日間集中コースを2回継続)

チョコレート嚢胞がわからないくらい小さくなった。(30日間集中コース4クール目開始直後)

(一香堂コメント)低用量ピルも服用中なので、鍼灸単独の効果とは言い難いですが、改善促進の一助にはなったかと…詳細はこちらに掲載しました。
チョコレート嚢胞の件はこちらにも
書きました。

 

主訴:首・肩のこり 38歳女性
施術の翌朝に、毎朝(やっている)立ってする瞑想をしていたらエネルギーが太く通った感じがあって、3日ほどその流れを強く感じた。
経絡が整うってすごい。気持ちいい。

 

主訴:ギックリ腰 56歳男性
昨日(治療2回めの翌日)は終日腰が重く、何かがずっとぶら下がってるみたいな、それに痛いし。
今日は一転、俄然調子がいいです。なんかが出て行ったみたい、終わったかも。おかげさまで、とりあえずご報告です。

(一香堂コメント)治療後、痛みが強くなることはしばしば起こります。無感覚、あるいは感覚が鈍っていたところの氣血の巡りが良くなり、感覚が蘇ってきたことで、痛みを感じます。通常は2〜3日で消えていきますが、痛みが起こったときに治療を受けると、回復がよりスムーズになります。
とはいえ、これに当てはまらない痛みの可能性がないとも言えませんので、治療者にご相談することをおすすめいたします。詳細はこちらに掲載しました。

 

主訴:全身の疲労感
治療後は、お風呂上がりのようにポカポカして気持ちが良かった。

 

主訴:右腕の痛み 46歳女性
治療後は緩んで、眠くて眠くて。手首、肘はアタック(バレーボールをやってらっしゃる)しても大丈夫。腕はもう少しかかりそう。

 

主訴:膨満感 53歳男性
お腹のガスとお腹の具合、体質としてガスができやすいのですが、この一週間は異常でした。今(治療後)は、元に戻りました。具合も良くなり、おならができます。
首の具合、回転の左右差と痛みがなくなりました。
有り難うございました。

 

主訴:疲労感(特に足。長時間歩いたため。) 70歳女性
身体が軽くなって、助かりました。

 

主訴:全身の倦怠感と尿切れ感の悪さ 53歳男性
当日治療直後から翌日の午前中までは、排尿後は快適でした。その後は、少し状態が戻りつつあるようです。
倦怠感については、治療直後から身体が楽になった気がしました。
特に、肩甲骨が開いた感じがしました。それまでは、肩が後ろにあったようで力が入っていたのでしょうか?力が抜け前肩になりました。
また、朝まで目覚める事はなく4時間半一気に寝ました。久しぶりの事です。
親の引越しと健康診断のバリウムで、今はまた不調です。残念です。
また、治療をしていただきたく宜しくお願い申し上げます。

 

主訴:月経痛・貧血 50歳女性
昨日はありがとうございました。お陰様にて、今日はかなり元気になりました。

(翌月の月経時に連絡ありました)昨日生理が来ましたが、痛みなし、貧血なし。楽です〜、今のところ。

(一香堂コメント)詳細はこちらに掲載しました。

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージ、LINE (id: hitokadoh894)でご連絡ください。***
f:id:hitokadoh:20171028123630p:plain

シンドいいのちは美しい

去年ブログに書かせていただいた、Yさん。

hitokadoh.hatenablog.com

Yさんより「1月の定期検診でチョコレート嚢胞はもう大丈夫だって言われました。わからないくらい小さくなりました。」とのご報告がありました。

はり灸基本治療の集中コースを継続中、ただいま4クールめの半分です。

症状に一喜一憂するのはプロではない、とか、「〇〇がなくなる=治る」ではない…ということも重重わかっていますが…

浅ましい私は、やっぱり嬉しい〜!!

まだまだプロセスの途中ではありますが、通過点に咲いている花🌷に出会った!みたいな感じです。

Yさんにとって、チョコレート嚢胞は(時系列に見て)主訴より新しい症状でしたので、病が浅かったのですね。

加えて、Yさん、12月から台座灸のセルフケアを始められ、お灸生活を続行中。普段の飲み物も温かいものに変えるなど、からだ愛に目覚めて温活に励んでいらっしゃいます!

からだはからだ全体で生きています。
主訴の部分だけ良くなるってことはありません。
全体の氣血が滞りなく巡り、健やかなからだに整ってくる過程で、主訴が消えていきます。

主訴の箇所が一番初めに良くなる、わけでもありません。どこから良くなるか、それはいのちが決めること。

もしあなたがロボットだったら可能でしょう。故障したパーツを交換すれば解決します。いのちの営みを待つ必要もありません。なんて効率的!

いのちはシンドい、非効率(実は効率的に機能してます)。

でも…

だから美しい、だから尊い、だから入換不可能、だから唯一無二。

だから私のいのちもシビれます。

 

《お知らせ》
はり灸 一香堂が鍼灸出張治療をやらせてもらっている神楽坂の「間」Persimmonがオープンして一周年となりました。一周年記念イベント「感謝!1st Anniversary Day」を2月16日(金)に開催いたします。ぜひお立ち寄りください!
詳細はこちら➡️ 感謝!1st Anniversary Day@「間」Persimmon

 

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージ、LINE (id: hitokadoh894)でご連絡ください。***
f:id:hitokadoh:20171028123630p:plain

「人体 神秘の巨大ネットワーク」で統合を感じた

別ブログで「人体 神秘のネットワーク」のことを書いたもので、こちらでは、東洋医学との関連性を混えたことを書きます。

まず第一集「”腎臓”が寿命を決める」、東洋医学の番組かと思うようなタイトルですよね?

東洋医学において、「腎」の主な機能は精を蔵することです。腎が蔵する精(腎精)は生命の源、生命力とも言えます。腎精が満ち足りていれば、元氣で活動的で、病にもかかりにくいといわれ、健康維持にとって大切なものです。

こういう話を患者さんにするとき、いったん「ここで言う『腎』は「腎臓」と全く同じではないんですが…」と前置きしていました。

が、今後は、その前置きが必要なくなるかもしれません。

news.yahoo.co.jp

今までの現代医学では、地味な印象だった腎臓。それが「腎臓の働きを健全に保つことができれば寿命も延びる。腎臓の働きは寿命と密接な関係がある」ことがわかってきました。

番組では、腎臓の「血液の管理者」としての重要な役割が紹介されています。

  • 腎臓が出すメッセージ物質EPO(エポ)は酸素が足りなくなると放出され、骨へ「赤血球を増やせ」と伝達。
  • 腎臓が出すレニン、血圧コントロールの役割。
  • 各臓器からのメッセージを聞いて、再吸収の量を変化させ、体内の成分調整をしている。
  • 例えば、寿命を決める一つの指標であるリン。リンが少ないと病気に、多すぎると老化加速。骨(リンの貯蔵庫)からのメッセージを聞いてリンの調整を行なっている。

入院患者の腎臓を監視するシステムを導入している医療現場が増えています。

「AKI(急性腎障害)になると、それに伴って肺や心臓、あるいは脳といった重要な臓器に炎症が出たり、障害が起きたりすることがわかってきました。そのため、結果として多臓器不全を引き起こしてしまう。また、逆に、多臓器不全の結果としてAKIが起きることもあります。だから致死率が高いのだと考えられます」(柳田教授)

ヨーロッパ集中治療医学会の研究委員長を務める英サリー大学のルイ・フォルニ名誉教授は、これまで単に「多臓器不全」といわれて亡くなっていた患者の中に、AKIが関係している人が大勢いる可能性があると指摘する。

この多臓器不全と腎臓との関係、中医学にもそれらしきことが述べられています(赤色は引用者追加)。

腎の精気は、腎陰・腎陽を産生する物質的基礎である。腎陰は真陰をやどして陰液の根本であり、各臓腑組織を濡潤・滋養し、腎陽は命門の火(真陽・元陽)をやどして陽気の根本であり、各臓腑組織を温煦し生化を促進する。  
(『基礎中医学』p.48)

なんか似てません?近づいてません?!

また、東洋医学では腎と骨は関連付けられており、「腎は骨を主(つかさど)る」とされています。

第3集「“骨”が出す!最高の若返り物質」は、今まで知らなかった骨のパワーが放送されました。

www.nhk.or.jp

骨が「若さを生み出すメッセージ物質」を出している、ことが紹介されていました。

  • コロンビア大学のジェラール・カーセンティ博士の、マウスを使った研究により、骨芽細胞が出す「オステオカルシン」が「記憶力」「筋力」「生殖力」を若く保つ力があることを発見。
  • 老化のメカニズムを研究しているハームット・ガイガー博士は、骨からも出るホルモン「オステオポンチン」が減ると免疫細胞も減ることを発見。

www.nhk.or.jp

骨からのメッセージ物質が途絶えてしまうと、様々な老化現象が進む、ということですね。「骨は人体の若さを司る門番なのです。」

一方、東洋医学中医学)では腎精が骨格の発育・成長を促進して、骨髄・脳髄を滋生するとされています。

腎精が充足していると、骨髄は滋養され脳髄は充盈(じゅうえい)し、精力が充実して耳目は聡明で記憶も確かである。
(『基礎中医学』p.51)

骨自体が直接果たす役割については何も述べていませんが、丈夫な骨は腎精の充足の結果であり、ひいては「若さ」の象徴とも言えます。

⬆️これは少々こじつけっぽいですが、骨が「記憶力」「生殖力」とつながりがあるのは、東洋医学をご存知だったら「さもありなん!」なことなのでは?

今後の科学進歩で、東洋医学の概念が科学的に証明されることが、ますます増えてくるかもしれませんね。

やっぱり「統合」への流れ、ですかね。

次回の放送も楽しみです。

この画像は、「驚きのパワー!“脂肪と筋肉”が命を守る」の回で放送された脂肪を溜め込んだ脂肪細胞です。普段疎まれる脂肪、あまりに美しくて萌えました。

f:id:hitokadoh:20180122002405p:plain

NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワークのサイトより

そういえば、IPS細胞研究所助教の論文にデータ捏造・改ざん発覚のニュースがありましたけど、山中先生が司会から降ろされませんように。

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージ、LINE (id: hitokadoh894)でご連絡ください。***
f:id:hitokadoh:20171028123630p:plain