読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadohノヒト

はり灸 一香堂のひとが書いてます。

50代からは「温活」だそうです

以前こちらで書いた『家庭画報5月号』が、手元に来ました。

hitokadoh.hatenablog.com

p.206〜217に「体温を上げて免疫力を高める 五〇代からの『温活』養生」というタイトルで特集されていました。

今津嘉宏先生が「皮膚体温三六.五度 プラスマイナス一度で免疫力が変わる」というお話をされています。
体温が下がると、免疫機能システムの活動が鈍くなるので、ウイルスに感染しやすくなります。そのほかに

(略)臓器そのものの働きも鈍くなるため、老廃物の処理をはじめとするさまざまな機能が低下し、その結果、生活習慣病を引き起こしてしまうことが考えられます。そのほか下痢、肩こりといった日常的な症状から、肺炎、膀胱炎、気管支喘息膠原病、関節リウマチなど体が冷やされることによって悪化する病気は枚挙にいとまがありません。

「女性特有の月経不順、更年期障害の原因の一つにも体温が低いことが関係しています。体調不良に苦しむ人の中には体の調子が悪いから体温が低くなると思っている人も多いのですが、実はその逆です。(略)」(今津先生)

別のページでは、岡崎統合バイオサイエンスセンター富永真琴先生が、体温上昇によって免疫細胞が一層活性化されるメカニズムを説明。

私たちの皮膚には、温度を感知すると開いて特定のイオンを選択的に通過させる通路のような役割を果たす「温度感受性TRP (Transient Receptor Porential) チャンネル」が存在しています。
免疫細胞であるマクロファージ(白血球の一つ)の活性化に関わるTRPチャンネルは「TRPM2」という温度受容体で、通常は47度ほどで活性化します。しかし、細菌などが侵入しマクロファージが貪食し始めると、殺菌のために活性酸素の一種である過酸化水素が発生し、それを感知すると、TRPM2は体温の平熱レベルである36.5度でも活性化します。発熱し体温が38.5度になると、TRPM2はさらに活性化しマクロファージの働きはさらに増強される、とのこと。

このメカニズムを知ると、解熱剤を止めたくなりますよね?

東洋医学的解説は、北里大学東洋医学総合研究所伊藤剛先生がされています。

「(略)中高年になって感じるようになった冷えの中には老化が関係しているものがあります。つまり、冷え対策を行うことで老化も予防できるのです」と示唆します。

「冷え」対策=老化予防、だということです。

そして 、いろいろな「温活術」(今ってみんな「〇〇活」ですね〜)が掲載。
温活術3で「お灸」が取り上げられ、紫雲膏灸で有名な越石先生が紹介されていました。

想像していたより、かなりしっかりした記事でした。

4月に発売されたものなので、もう店頭にはないですが、読んでみたい方は図書館の雑誌コーナーなどで探してみてください!

そして、あなたの「温活」に一香堂もご利用くださいませ。

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***

脊柱管狭窄症と腰痛の関係

身内の話で恐縮です。

私の母(70代前半)です。長いこと、腰の痛みを訴えておりました。

「あそこの医者はいい」と噂を聞けば、そこへ出かけてゆき、診察を受けていました。ほとんどはまずレントゲンを撮ります。しかし、多少の骨盤のズレはあったものの、そんな痛みを引き起こすほどヒドい訳でもない。そして治療は電気治療(どの種類の電気治療かは不明)と湿布。

本人「あんな保険治療だけじゃ良くならないわよ!」と言いつつ、「いい医者がいる」と聞けばまたそこへ行く、てなことを繰り返しておりました。

その症状が急に悪化したのは、昨年3月頃。
長い時間歩けなくなり、しばらく休むとまた歩ける、いわゆる間欠跛行の状態が出てきました。

翌4月には「杖がないと歩けなくなった。」とメールがきました。弟の家族と桜を見に行ったところ、途中で歩けなくなってしまったそう。
この頃の母は、杖を買うか、シルバーカー(よくおばあちゃんが買い物とかで使っている手押し車)を買うか、かなり真剣に検討しておりました。
ずっと続けていた趣味の詩舞も「こんなんじゃもう踊れないから」と辞めました。

「いつの間に、そんな重症になったんだ?!」
私はびっくりして、せめて月1回は実家に行って治療せねば…と思ったのでした。

そんなわけで、昨年5月から毎月、一泊二日(ときどき二泊三日)で実家へ行き、2日(もしくは3日)連日鍼灸治療をしています。

加えて養生法として、歩き方を意識すること、お灸(台座灸)することの二つを、やってもらいました。

定期的治療を開始して約3ヶ月は、「治療して2〜3日は痛まないが、そのあとだんだん痛みが戻ってくる」という状態でした。

効果の持続期間は限定的ながら、やはり鍼灸を受けた後は、痛みなく歩けていたようで「5,000歩歩いても痛くなかった」とメールを送ってきました。

とりあえず、杖・シルバーカーの購入話はなくなりました。

8月頃、(確か)湯河原にいい整形外科があるという話を聞きつけ、両親共々受診に行きました。二人とも「脊柱管狭窄症」と診断され、痛み止めの薬(名前は未確認)を処方されました。

両親は、この病院の診察に満足氣でした。
理由は、① 他の病院ではしなかった、いろいろな角度からたくさんレントゲンを撮ってくれた、② 原因がわかったことで安心できた、③ 歩けないほど痛くなったら薬を飲めばいい、④ 医師がよく話を聞いてくれた、というところでしょうか。(今回は「狭窄症で腰痛になるか?」という議論は脇に置いておきます…)

そこの医師からも「痛くても動ける範囲で動いた方がいい」と言われたそうで、「やっぱり歩かないとダメよね」と母は意気込んでいました。

そんな医師の言葉の後押しもあり、9月には「テレビで四股がいいと言っていたから、やり始めた」とか、「『腰痛は自分で治す』(正しいタイトルは忘れましたが、こんな感じのタイトル)という雑誌を買って、その中に載ってる体操をやっている」とか、「毎日〇〇まで歩いてる」といった活動報告(笑)がたくさんありました。
「自分で治すんだ」という意識向上が見られました。

その後月1度、前述の整形外科に行っていますが、痛みがだんだんなくなっているので、 薬は一番弱いのになり、量も減りました。

今年に入ってからは、痛みがほとんどないので、薬も滅多に飲んでいない、という話。

先月、医師に「先生、もう痛みがないのですが、まだ薬飲まなきゃダメですか?」と尋ねたところ、「痛みがないならもう要らないでしょ。ご自分でも止める決心がついたら止めましょう。次回までによく考えてみてください」(母からの又聞きなので、実際の医師の言葉とは違っていると思います)と言われたそう。

そして、先日木曜日に「腰卒業と診断されました」と母からメールが届きました。

「腰卒業って意味不明なんだけど。。」と思い、確認したら「先生から、『痛くないんだったら、もういいでしょう。わざわざ交通費使って来ることないですよ。こんないい天気の日に病院に来るなんて勿体無い』って言われたよ」とのこと。

なんだか、このドクター、いいですね(笑)
ただ、「最後は手術すればいいから」というご提案もあったようですが(ドクターには鍼灸治療を受けていることは言わなかったそうなので)。

 

ここで本題!

では、脊柱管狭窄症はどうなったのでしょうか?

別に変わりありません。でも、痛みは消えています。
痛みの原因は脊柱管狭窄症ではなかったってことですよね。

 

その日、病院の待合室で会った女性は、脊柱管狭窄症で2回手術したそうですが、まだ膝が痛くて通院しているそうです。

母が「私も狭窄症ですが、もう痛みがないから、今日で終わりなんですよ」と言ったところ、「治ったんですか。いいですね〜」と羨ましそうに言われた、とのこと。

母が「私は鍼とかお灸もやってますからね。そのせいもあると思います」と続けて言ったら、ちょっとびっくりしていたそうです。

う〜ん、まだまだ鍼灸の認知度は低いのですね…

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***

家庭画報5月号の記事

以前ブログに書かせていただいたこちらの患者さんから、先日お知らせいただきました。

hitokadoh.hatenablog.com

 

家庭画報の5月号に、体温と鍼灸の記事が出ていた」とのこと。
「免疫力が高まる」と医師が提唱されているそうです。

なんてタイムリーな!!

最新号ではないのでもう書店にはなく…
図書館で見ようと思ったら、どこの図書館も全部貸出中。

これでは、いつになったら閲覧できるかわからん!と思い、予約入れました。

貸出の順番が回ってきたら、どんな記事かチェックします。
面白そうなことが書いてあったら、追記しますね〜

しばし、お待ちを!

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***

「薬ってすげ〜!」な体験

今回も「薬」ネタです。「薬ってすげ〜!」という話。

まだうら若き(死語?)19歳のころ。

短大のときESS (English Speaking Society)に所属していて、そのイベント、ディスカッションが1月にあり、その準備のため連日夜遅くまで部室に詰めていました。

確かテーマは「原子力に賛成?反対?」だったかな。
そこには「賛成」の人がいなくて、「もし他校にも「賛成」意見がなかったら、議論にならないから、一応賛成側の意見も作ろう」…みたいな話になって(なんて真面目な私たち!涙)。
そのとき何を調べたかは記憶にありませんが、調べてシェアして議論してまとめて…の作業が延々と続き。。。
覚えているのは、「疲れた〜⤵︎ 脳みそ泡立ってる〜 (> <)」ということだけ(笑)

さすがに、年末とお正月は休んだけど。

休み中熱っぽくて、「頭使いすぎて、知恵熱かな〜」なんて思っていたら、だんだんと片方の眉頭がなんとなく腫れてきて痛みが出てきました。

そしたらある朝、見事に「お岩さん」になっていました。

こんな感じ…

f:id:hitokadoh:20170505112001j:plain

!!じゃないですよ!!
赤くただれてないし、もっと腫れはちっさいです!!

画像を入れてはみたが、見ていたらこわくなってきたので、サイズ縮小(笑)そのうち、消すかも…

お岩さん初日は正月休診日だったので、翌日、(何科に行ったらわからなかったので)市立病院へ行きました。

初めに内科を受診して「これは皮膚科ですね」とのこと。

向かった皮膚科で「ヘルペスですね」と診断。「目に入っている可能性もあるので、眼科でも診察受けてきてください」と言われ、眼科へ。

幸い目には異常がなく、皮膚科での治療だけで済みました。

皮膚科で処方された薬は、副腎皮質ホルモン剤(昔のことなので投薬名はわかりません)。

3日くらいで、きれ〜に治りました。

しかも、治ったのは、ヘルペスだけじゃなかった!
ニキビもきれいになくなっていたのでした。

ニキビいっぱいの顔は、その当時の私の、最大の悩みでした。私のニキビは細かいのがいっぱいできるタイプ、特に額がひどかった。しかも赤ら顔。熱が溜まった炎症状態ですよね。
顔に触れると感じるニキビのザラザラ感、めっちゃストレスでした。。
「ニキビに効くよ」と聞いたものは全部試したけど、あまり効果がありませんでした。

それがですよ!
薬を飲み始めたら、ブツブツのニキビが消えていき、すべすべお肌になったのでした。

「すごい!何だこれ!!魔法の薬だ!!」

その時の衝撃!感動!感激!たるや、まじ震えました(笑)

しかし、ヘルペスが治ったので当然薬は出されなくなり、そして、私のニキビはまた徐々に戻ってきました。

当時「薬」が何たるか?など全然知りませんでしたし、「副作用」なんて言葉は私の中にありませんでした。
私は安易に「また、あの薬をもらえばいいや」と考え、また病院に行ったのでした。

先生に「あの薬でニキビが治ったので、またください」と言ったところ、その先生は「ニキビなんかのために出すような薬じゃないんだ!!」烈火のごとく怒り出したのでした。
いきなり怒られ怖くなった私は「す、すみませんでした!」と謝り、そそくさと診察室を出ていきました。

そのときの先生の怖さは「薬の怖さ」に繋がって、「とんでもないことをお願いしちゃったんだ〜」と氣付いたのでした。

数年後の薬害エイズ訴訟ニュースから、「薬害」という言葉を知るようになりました。

そして、「どうしてあのとき先生があんなに怒ったのか」理解できました。

ちゃんと叱ってくれる先生でよかった、と思っています。

 

ちなみに「ニキビ」、鍼も効くそうです。

私はまだ治療経験ありませんが、ある先生からそういうお話を聞きました。

確かに、氣血津が滞りなく巡れば、ニキビという現象も改善して行くかと。。

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***

引き続き「風邪」についてあれこれ

前回は、話が「薬疹事件」に流れてしまいました。

hitokadoh.hatenablog.com

 一般に人が「何とかしなければ!」と考える諸症状は、からだの免疫機能、解毒作用が働いているサインであることが多いです。

昨日書いた発熱しかり。
下痢、嘔吐もしかり。
咳、くしゃみもしかり。
アレルギー症状もしかり。

もちろん、これらの症状が重篤な疾患のサインである可能性もありますので、「薬も病院も一切必要ありません」という話ではありません。(そう言いたい自分がいない訳でもないのですが…笑)

ただ「症状がおさまった」=「治った」ではないです。

 

以前、私はよく風邪を引く人でした。

ちょうど季節の変わり目ってやつに、風邪っぽい症状が出るのです。私の場合は発熱が多かったかな。

でも、私は、そのことをあまり…というか全然「大変!どうしよう!」と思っていませんでした。
何故ならば、発熱が終わると、からだがスッキリして「調整された」感があった(ある)から。

私の中では「風邪は寝て休んで治すもの」なので、そもそも「風邪のために病院に行く」という選択肢がありませんでした。

あの時は「休めない…」と思い込み、症状を抑えよう!と動いた結果の出来事でした…)

 私の「風邪調整作用説」(笑)、こちらの本に書いてありました!

 
その筋の方々(どの筋だ!)にはよく知られております、野口晴哉著『風邪の効用』です。

風邪を引いたら「おめでとう!」なのですよ。
ご興味ある方はぜひご一読を!風邪が愛おしくなりますよ(^^)

ちなみに、ここ近年の風邪最中の過ごし方は、こんな風です。

  1. 食べない。白湯は飲む。
  2. 足湯たんぽ。
  3. 熱があっても動ければ動く。熱が下がったとき、安静に。← 風邪の効用』を読んでから採用。
  4. 熱があっても入浴。
  5. 盆の窪(風池の辺り。場所はこちら)をドライヤーで左右交互に温める。← ある整体の先生からの受け売り。
  6. そして、やっぱりしっかり睡眠。

これが基本形ですが、そのときどきで変わります。

5.のドライヤー健康法は、日常的にやっています。

ドライヤーで、左右交互に温風を当てて、「熱」と感じたらもう片方を温める。その熱さを感じる時間の左右差がなくなるまで続けます。
風邪引きそうなとき・風邪引いたときは、熱さの感じ方の左右差が大きくなるように感じています。

この健康法(?)は、結構氣に入って長いこと続けています。
なんたって、簡単!
髪の毛を乾かすついでにできるしね。

そう!ドライヤーはお灸の代わりとして使えますよ。

例えば腹が冷えているとき。本当はお灸がいいんだろうけど、面倒くさかったりお灸やる元氣がなかったりしたときに、ドライヤーで腹温めます。

注意点は、ドライヤーの風、結構熱いので、「熱い!」と感じたら止めること。(当たり前のことですが)

 

一番大事なのは、やっぱり、自分のからだの感覚です。

世間には、たくさんの健康法、治療法が溢れています。これが効く!あれが効く!って情報満載です。
いろいろな情報を知ることができるのは、インターネットが普及した今の社会の恩恵の一つです。多種多様なことを、居ながらにして手に入れられるのはやはりありがたいことです。

その多種多様の中から、知識で選んで何かを始めるのはいいと思いますが、やってみたら、自分のからだの感覚を丁寧に観察してみてください。

もしかしたら、それはあなたに必要のないものかも知れません。それは、あなたにあまり効果がないものかも知れません。

だって、あなたのからだは、あの人のからだではないのですから。

あなたのからだは唯一無二なのですから、そのからだが発しているメッセージに耳を傾けてください。

あなたが、あなたのからだと一緒に、決めてくださいね。

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***

昔の「薬疹事件」を思い出しました

先日、「2週間くらい風邪を引いていてなかなか良くならない」という方の治療をしました。

「お花見に行って冷えた」らしく、風邪っぽかったので、4/11に病院へ。

「細菌性」だと診断され、抗生物質と風邪薬(総合感冒薬)と咳止めを処方されました。抗生物質は3日間(1週間効く薬と説明を受けた)、風邪薬と咳止めは、病院に行った11日から私が治療に呼ばれた24日の朝まで、約2週間服用されていました。

薬は飲んでいるが、「微熱がずっと続いていて、咳が出ていて苦しい」とのこと。

「鍼受けたら、気管支炎が楽になった」というご友人の話を思い出して、「鍼は、風邪にもいいんでしょうか?」とご連絡をいただきました。

 

いろいろな所でいろいろな方が言われていますが、風邪薬では風邪は治りません!
風邪の諸症状〜咳、喉の痛み、発熱、鼻水等々〜を抑えるだけです。

風邪を治すのは、私たちのからだに備わっている免疫力です。
また「免疫力」かよ? ってツッコまれそうですが、結局「免疫力」です。

「厄介者」と見られがちな諸症状は、その免疫力が病原体を排除しようと働いている証でもあります。

例えば、発熱。
病原体を排除するための防御反応として熱が出るわけです。熱が高いと、ウィルスの活動は鈍って増殖が止まり、反対に、私たちの白血球防衛軍の勢いは増してくる。

healthpress.jp

 

話は飛びますが。

実は私、解熱剤を2週間くらい飲んで、肝臓弱って薬疹で入院したという過去があります。

当時、会社員だった私は、ワンオペでブチ切れておりました。
通常業務であった請求作業や契約書作りに加えて、セミナー準備が続き。韓国のソウルでの初開催セミナーの事前準備、資料作り、当日準備。また、その翌月に名古屋で開催するセミナーの集客。
完全キャパオーバー、でした。

ソウルでのセミナー前日、ホテルの部屋で、ギリギリにスピーカーから受け取った資料をまとめて資料パッケージを作っていたら、「う〜頭痛い。熱っぽいかも」
「とりあえず熱が出なければ、なんとかなる!」と思っていた私は、フロントでアスピリンをもらい、それを飲んで、無事(?)乗り切りました。

出張から戻っても具合悪いのは治らず。。でも、今度は名古屋セミナーの準備があるから、休めない。。
微熱と頭痛が続いていたので、手元にあったアスピリンをとりあえず飲み続けていました。あれ何錠あったんですかね〜??、それも飲みきって。。。
そしたら、いよいよ熱が38度になり、さすがに会社行けなくて休みました。休んだ日に最寄りの医院を受診し薬もいただきました。

しかし熱は下がらず、しかも腿やお腹に赤い発疹が出てきました。「あれ?風邪じゃない?。。水疱瘡?!」深夜、ますます熱は高くなり、しかも顔が丸く腫れてきた!

翌日、実家に「はしかか、水疱瘡になったかも」と電話したところ、母がやってきて、私の顔を見るなり仰天!その日は確か土曜だったので、最寄りの救急病院へタクシーで向かいました。診察、即入院。40度近い熱で意識朦朧だったので、病院へ着いてから入院までのことは、あまり覚えていません。

入院2日めには平熱に戻り、楽になったのですが、「肝機能が低下しており、数値が戻るまで退院できない」ということで、10日くらい入院してました。

もう20年弱の話(そんな昔か〜笑)。今となっては、いい思い出です。

 

そんなわけで、2週間風邪薬を服用されていた患者さんは、私の薬疹事件を思い出させるものでもありました。

(続く。。かも)

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***

健やか、だから美しい

3月に30日間集中コース、その後は2週間に一回ペースで、基本治療+美容鍼灸を受けられている、50代女性の患者さんのお話です。

特にお悩みの症状はない方です。美意識・健康意識がとても高く、週2回のジム通いを2年以上継続されています。

治療前のお話で、体温と免疫力の相関関係に話が及び、鍼灸を受け始めると同時に「何か変化があるかもしれないから、体温も毎日測ってみる」とのこと。

治療開始前の平熱は36.3〜.5度。懸念されていた「低体温」ではありませんでした。

集中コースの間、「肌にハリが出てきた!」というご感想をいただきました。

そして、集中コース終了後のご予約をいただいたとき、「あれから体温高め36度後半が続いている」とご報告がありました。

その期間、鍼灸を受けた以外に、生活習慣や行動の変化がないので、「鍼灸効果かも。。。」というお話でした。

平熱が0.5度程度上昇したということですね!
ちなみに、体温計測の時間は、朝7時くらいとのこと。

体温が上がれば全てオッケー!

 

…とは申しませんが、体温免疫力が向上した、とは言えるかと。

www.nattoukin.jp

こちらの記事では、石原結實先生曰く、36.5〜37度は「最も健康的で免疫力が高い状態」

fufufu.rohto.co.jp

鍼灸の効能の一つに「免疫力の向上」があります。
実際に平熱の変化が見えると説得力ありますね!*1

毎朝体温を測っている患者さんのおかげで、このような結果を見ることができて嬉しいです。

健やかなからだと美しさを追求するあなたへ、ぜひ美容鍼灸を。
基本治療で全身の調整をした後、顔面・頭部の鍼灸をするので、効果がより高まります。

 

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。  

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPか、Facebookメッセージでご連絡ください。***

*1:「体温が上がることと免疫力は関係がない」というご意見もあるようですが。