hitokadohノヒト

はり灸 一香堂@神楽坂・西荻窪

hitokadohノヒト

鍼灸でいのち磨きのお手伝いしています@神楽坂・西荻

ハタチの初鍼

目疲れのセルフ・ケアについて書く予定でしたが。

一昨日嬉しいことがあったので、そちらに変更!

ハタチのお誕生日に、はり灸 一香堂に人生初の鍼を受けにおいでいただき、ありがとうございました。

「鍼が初めて」の方は、少し違った緊張感があります。

人生初の鍼との遭遇、なわけですから、やっぱり「鍼」に対してよい印象を持ってもらいたい、と願っています。

もちろん、効くか効かないかも重要ですが…

想像以上に痛かったら、この先、鍼を敬遠されるかもしれません。

鍼って、まだまだ「怖い」という印象があります。鍼を刺すので、注射と同じように思われがち。

「いいかもしれないけど、痛そうだし…なんか怖いから止めとこう」って思っている方、結構いらっしゃるかもしれません。

そんな恐れを乗り越え、鍼に来てくれたのに、そこでまた怖がらせるようなことはしたくないな〜、と思っています。

そうは言っても、痛覚の感受性はお一人お一人違います。

チクっとした痛みを感じる場合があります。ズズーンとした、普通の痛みとはちょっと違う重だるさを感じる場合もあります。

特に初回の鍼は、緊張しがち。からだも硬くなっていることが多いです。
そんなときは普段より、痛みに対して敏感になりがちです。

とても緊張の強い方、あまりにも疲れていて感覚がむき出しになっている方は、鍼を刺していなくても「痛い!!」とおっしゃったことがありました。

ま〜、そこで、その緊張をほぐしていくのが、プロたる所以であるのですけど。

精進しま〜す。

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージTwitterメッセージでご連絡ください。***

「目が疲れてつらいんです」

最近、眼精疲労の患者さんが続きました。

f:id:hitokadoh:20181111121643j:plain

肩こり、首こりをお持ちの方は概ね、眼精疲労もありますが、最初に「目が疲れて…」と訴える方が続いた、ということです。

今の時代、目には過酷な環境です。情報インプットの多くは視覚に頼っています。

電車に乗ったらわかるように、ほとんど皆さんスマホ見ています。
仕事の大半はパソコンを見ている方、多いです。

私もかつては会社員してましたので、出社したらまずパソコン立ち上げて、トイレに行く時とお昼に行く時以外は、パソコンとにらめっこ。
忙しい時は、デスクでランチ食べながら、パソコン見てました。

そりゃ目も疲れますわな。肩もこりますわな。

患者さんには、「1〜2時間毎にはパソコンから離れて、ストレッチしたり遠くを眺めたりして、休めてくださいね」などと申しておりますが…

いや〜、仕事乗っちゃったら、そんなの忘れちゃうよね?
忙しいときはそんな暇ないよね?

ということも、経験上とてもよくわかります。深く同意します。

でも…でも、ですね。

やっぱり、言わざるを得ない、のですよ。

その数分を惜しんで、惜しんで、惜しんで、惜しんで、いつもいつも惜しんでいたら、その分、からだに疲れ・緊張は蓄積されます。

ちょっと疲れを感じた時に、ちょっと一息入れて休む。ちょっと、だったら、それだけで、疲れの大部分が抜けていきます。

蓄積された疲れは、ちょっとの疲れに比べると、大抵の場合、回復に時間がかかります。
結局、あなたが惜しまりまくった(変な日本語…)数分のX倍、以上の時間がかかるかもしれません。

とはいえ、人は機械じゃないので、そんな理屈どおりにいくものでもありません。一瞬のうちに癒える、ということはありますけど。ここでは、想像しやすいよう単純化して言っています。

全体的、長期的に見たパフォーマンスは、却って低下している、のではありませんか? 

f:id:hitokadoh:20181111121900j:plain

一息入れる数分を惜しんだことを続けたせいで、パフォーマンスが低下する、なんて勿体ないですよね?

「忙しくて…」という言い訳は、使いやすいです(私にとって、ですが)

その言葉は、他人に向けて、と同時に、自分に向けて、も(私は)言っています。

その言い訳、「自分を低く見る」「自分を大事にしていない」ことに繋がっていませんか?(と自らに問う)

「忙しくて…」と思ったときこそ、しっかり休む。大事に休む。

そして、また歩き始めれば、また動き始めれば、いいのではないでしょうか?

目を労わるセルフ・ケアについて書くつもりだったのが、またあらぬ方向へ…

次回書きます!(ケア、とか言っても、まじ簡単だから)。

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージTwitterメッセージでご連絡ください。***

月の炙り出し

25日(木)は満月でしたね。

満月、でなくても、月明かりの中を歩いていると、いろいろな思いがふわっと浮かんでは消えていきます。

月の光の、炙り出し絵のように。

前回ブログの友達の初鍼話に引き続き、今回も初鍼にまつわる話でした。

hitokadoh.hatenablog.com

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージTwitterメッセージでご連絡ください。***

友人が初めての鍼に来た

先日、友人が初めての鍼に来てくれました。

FBにも投稿してくれました!!写真がいい感じ💓

 

友人は🍜ラーメン屋🍜。

実はまだ食べていないんよ…(行ったときが臨時休業😭)

次は確認してから行きます!

川崎の産業道路沿い、京急大師線の「産業道路」駅から歩いて7分くらいのとこです。

8のつく日は煮卵無料!!ネギ好きの方、ドンブリいっぱいの「ねぎ地獄」にぜひチャレンジを!!期間限定の味噌ラーメンも美味しそう💕

お近くにお寄りの際は、ぜひ〜〜!

www.facebook.com

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージTwitterメッセージでご連絡ください。***

新サイト、リリース!!

新ウェブサイト、先ほどリリースしました!!

先月からちょこちょこ作っていた新サイトが、ようやく陽の目を見ることができました!!

カラーをガラッと変えて、書いてある内容は・・・あんまり変わっていません。

「はり灸 一香堂」のフォントを変えて、ルビを「ひとかどう」と平仮名にしました。

写真も新しいのを入れました。

作業は楽しかったけど、やっているうちにガーっと集中するので、目やら肩やら疲れました。鍼が必要ですね 笑

www.hitokadoh894.com

引き続き、はり灸 一香堂をどうぞよろしくお願いいたします。

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージ、LINE (id: hitokadoh894)でご連絡ください。***
f:id:hitokadoh:20171028123630p:plain

新パンフレット、できました

去年作成したパンフレットがなくなったので、新しく作り直しました。

今回は三つ折りです!!

f:id:hitokadoh:20181008130056j:plain

以前は、一香堂の下にローマ字で「hitokadoh」と入れていたのですが、ひらがなに変えました。

「はり灸 一香堂」のフォントも変えました。

合わせて、ウェブサイトの方も変えました。明日、リリースします!!

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージ、LINE (id: hitokadoh894)でご連絡ください。***
f:id:hitokadoh:20171028123630p:plain

鍼灸の広告について

今、一香堂のウェブサイトのデザインを更新しようとしていて、隙あらばwixと格闘中です。

”格闘”と書きましたが、いや、闘ってはいないです…

コンテンツは今とほぼ同じなので、新しく文章を作成する必要もなく。

ベースの色を変えたので、印象はだいぶ変わると思います。

色一つ決めるにしても、こちとら素人なもんで、右往左往はしています。一回作って、また変えて、で、またやっぱり最初のに戻したりして。

背景の色を買えると、文字の色も変える必要が出てくるし…文字も同じ黒っぽくても、黒とグレーだと印象が変わってくるし。

う〜ん、試行錯誤は続いています。

でも、パソコン作業は苦にならないので、「あーでもないこーでもない」とチマチマ楽しくやっています。

そんな中で、鍼灸の適応症をどのように書くか、について考えていたところ、公益社団法人 日本鍼灸師会のメルマガに「鍼灸と広告」について書かれたコラムがありました。

鍼灸は「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(以下、 あはき法)第7 条」で広告規制されているのです。以下が条文です。

第七条 あん摩業、マツサージ業、指圧業、はり業若しくはきゆう業又はこれらの施術所に関しては、何人も、いかなる方法によるを問わず、左に掲げる事項以外の事項について、広告をしてはならない。

一 施術者である旨並びに施術者の氏名及び住所

二 第一条に規定する業務の種類

三 施術所の名称、電話番号及び所在の場所を表示する事項

四 施術日又は施術時間

五 その他厚生労働大臣が指定する事項

① もみりようじ
② やいと、えつ
③ 小児鍼(はり)
あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律第9条 の2第1項又は第2項(再開の場合に限る。)の規定に基づき届け出 ている施術所である旨
医療保険療養費支給申請ができる旨(申請については医師の同意が 必要な旨を明示する場合に限る。)
⑥ 予約に基づく施術の実施
⑦ 休日又は夜間における施術の実施
⑧ 出張による施術の実施
⑨ 駐車設備に関する事項

2 前項第一号乃至第三号に掲げる事項について広告をする場合にも、その内容は、施術者の技能、施術方法又は経歴に関する事項にわたつてはならない。

広告できるのは、上記のみ。

お気付きかと思いますが、料金の項目がありません。ということは、料金も「広告してはならない」事項なのです。

う〜ん、あまりにも現在とそぐわない、かけ離れた感が否めません。

この法律ができたのは昭和22年なので、仕方ない、ですかね?

さすがにまずい、とどこかの誰かが思ったのかどうかは存じませんが、今年、厚生労働省で「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師及び柔道整復師等の広告に関する検討会」が開かれています。

第1回 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師及び柔道整復師等の広告に関する検討会(資料)

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000205313_00002.html(第2回資料)

次回第3回は10月10日に開催予定、今年年末めどに広告可能事項の見直し案、ガイドライン案がとりまとめられるようです。

今のところ、ウェブサイトは「広告」とは見なされていないようです(かなりグレー…)が、新ガイドラインではもっと具体的にはっきりされるでしょう。

冒頭のメルマガで取り上げられていた「昭和36年2月15日判決あはき法広告規制違反事件」をググっていたところ、こちらのブログを発見しました。

binbocchama.hatenablog.com

とても勉強になりました。あはき法に関係ありそうな判決をまとめて、しかも解説があって、判決文だけを読むより理解の助けになります(それでもむつかしいけど 汗)。

ありがたいことです。

 

f:id:hitokadoh:20180126143301j:plain

いのち磨きのお手伝いいたします、一香堂より。

 

*** ご予約・お問い合わせは、HPFacebookメッセージ、LINE (id: hitokadoh894)でご連絡ください。***
f:id:hitokadoh:20171028123630p:plain